事業内容トップ > ステンレス・その他特殊鋼加工 > 金属の表面処理

金属の表面処理

金属の表面処理について

金属部材を、曲げ(ベンディング)・バフ研磨・溶接など外力や熱で加工した後は、耐食性の向上や見栄えを良くするため、表面処理を施します。

機械加工による外力や溶接の熱で、金属表面に焼け(スケール)やキズが生じます。これらは単純な汚れではなく、金属表面部の構造や質を変化させ、ステンレスが本来持っている耐食性を劣化させる「種」を残します。

表面処理によってこの「種」を除去し、長期間にわたり腐食や割れの生じないステンレス配管に仕上げます。


溶接焼け(スケール)あり

溶接焼け(スケール)除去済

表面処理の種類

ステンレス製品の用途に応じて表面処理の種類と組み合わせを選びます。


洗浄の様子

電解研磨製品の仕上げの洗浄

大口径パイプの洗浄

Copyright © NISSHO ASTEC CO.,LTD. All rights reserved.