事業内容トップ > ステンレス・その他特殊鋼加工 > 電解研磨(EP)

電解研磨(EP)

高い衛生管理や製品組成の安定性に有効な電解研磨

「電解研磨」は製品の微細なバリやパーティクルを除去するとともに、耐腐食性に優れたクロムリッチな不動態皮膜を形成します。薬品・化学・医療・半導体・飲料などの製造設備に要求される衛生管理や製品組成の安定性に大変有効です。多様な形状や大きさに応じた治具や電極を製作し、細管の電解研磨にも対応しています。

とくに篠山工場社は、電解研磨(EP)の専門工場として1985年以降30年以上に渡り電解研磨技術の研鑽とノウハウの蓄積に努めてまいりました。研磨対象の幅、そして仕上がり品質でお客様から高い評価を頂戴しております。

電解研磨 / EP(Electrolytic polishing)

電解反応でステンレス材料表面にクロムの濃縮した不動態化皮膜を形成。強固で平滑な光沢面を生じる。細管や複雑形状の内面に均質な層を形成するには高い技術を要する。EP(Electrolytic polishing)とも言う。


電解研磨の特徴とメリット

電解研磨(EP)の特徴

  • 処理面が非常に滑らか(滑沢)である

  • 緻密な不動態化皮膜が存在する

  • 耐食性に優れたクロムが濃縮した層(クロムリッチ層)が存在する


電解研磨(EP)のメリット

  • 洗浄性の向上

  • 微粉末の難付着性

  • 強靭な防錆効果

  • 耐薬品性の向上

  • 加工変質層がない

電解研磨装置

電解液中に材料を投入し、通電するものです。
複雑な形状の材料では、電極の形状や配置で電解研磨の仕上がりが変化します。

電解研磨はミクロ的な化学反応処理で、大きな凸凹を除去するものではありません。
予めステンレス鋼材をバフ研磨などで下処理しておく必要があります。

電解研磨(EP)の原理

粘液層の特性

①電解液中で生成される粘性のある初期酸化層

②電解液との面はほぼ平面

③粘液層は電解液に対し電気抵抗値が1桁程度大

そのため、電気の流れやすい山部が優先的に溶解しステンレス材の表面が平坦になる。

クロムリッチな表面

①電解しやすい鉄が溶出しクロム濃度の高い層ができる

②厚みは10~20Åで無色透明

③クロムは鉄よりも早く酸化する

そのため、ステンレス表面のクロムリッチ化によりクロム酸化物の強固な不動態膜が形成される。

サニタリー管の電解研磨前と電解研磨後の写真

クロムリッチな電解研磨後のステンレス材表面の状態

研磨サンプルの実測例

 

用語について注記

Å(オングストローム)  
1Å(オングストローム)=10の-10乗m(0.1ナノ・メートル)を表す単位。
国際単位系(SI)では「その他の非SI単位」と扱われており、本単位の使用は公式には認められていない。
日本の計量法では「電磁波の波長、膜厚又は物体の表面の粗さ若しくは結晶格子に係る長さの計量」にのみオングストロームを使用することを認めている。(Wikipediaより抜粋)

Copyright © NISSHO ASTEC CO.,LTD. All rights reserved.