ステンレス加工屋さんの総務部雑記帳 > 独り言 大事な趣味の道具を手にとって愛でる時間に

独り言 大事な趣味の道具を手にとって愛でる時間に

女性が宝飾品や衣服を身に着けて鏡で見ているシーンはよく見かける。しかし、宝飾品や衣服は、着飾るためのものなので、そういう眺め方をしても別段違和感がない。そういうことをあえて言う方に違和感があるくらいだ。

試着して鏡を見る若い女性

しかし、んー・・・これは主に男子といってよいだろうか。例えば、釣り竿・ゴルフのドライバー・クルマ・カメラ・自転車などなどの趣味の道具。それぞれい使いみちのある道具。使うモノであって眺めるモノじゃない。だけどちょっと落ち着いた一人の時間に、手にとって(手に取れないものは撫ぜたり磨いたり、あるいは離れて)眺めたり、使っているポーズをしたりして世界作っていないだろうか。

趣味のカメラを眺める男子

自分は、やはり夜などに独りでそんなことをやって悦にいっている。女子がそんなことをやっているのかどうかはわからないが、自分は男的な時間じゃないかという気がする。

渋い男性、男の時間、趣味の時間

考えてみると、男子は毎日毎日、そういうことをする習慣が幼い頃から身についている。大事なものを奥から引っ張り出してきて、両手で大事に持ち、見るとはなしにソレを眺めてひとときを過ごす。終わった後は、何かしら爽やかな満足感を感じたりもする。

安らぎの男子トイレで男の子は何を思う

数ヶ月前に急性前立腺炎を患った時、それが2~3ヶ月かかって全快した時、そういう時間の大事さを改めて実感したものだ。いや話が随分ヨコへ逸れた感じがする。収納時はヨコに畳んでいるとか、そういう問題ではない。

急性前立腺炎の問診(泌尿器科)

書けば描くほど、元々高くもない品格がストップ安になりそうなので、ここらで筆を置きたい。ちなみに「筆を下ろす」は隠語で・・・もういい。写真も内容も下へ行くほど落ちている。もう終わろう。

 

: 2021/10/13

Copyright © NISSHO ASTEC CO.,LTD. All rights reserved.