ニュース > 日章アステック箕面本社の屋上庭園のご紹介

日章アステック箕面本社の屋上庭園のご紹介

明治の森 箕面国定公園の山々を借景に、緑と花に包まれた社員のオアシス

日章アステックの本社ビル(大阪府箕面市)には、私たち社員の自慢、四季の花と緑に包まれた「屋上庭園」があります。固くて冷たい鋼材を扱うステンレス屋の屋上に庭園とは意外ですよね。

昼休みの憩いの時、降り注ぐ太陽の光と花と緑の香りでたちまちリフレッシュしてしまいます。

緑の庭園は気分を変えて開放的な気分でクリエイティブな発想を生む場として最高、天気が良ければミーティングや面談などにも利用されています。

このページで掲載の写真は10月下旬に撮影されているので花が少ないですが、そんな時でも壁泉の水が目や耳を楽しませてくれます。

よくご覧ください。こうした壁泉やラウンジ建屋、植木鉢、コンテナなど、屋上庭園にはステンレスの製作品がふんだんに置かれています。工場用のプロセス配管だけではなく、日章アステックはこんなものまで作ってしまうんです。

この日本庭園も手作りです。あの盆栽は誰の作品でしょうね。ステンレス鋼管のベンディング(曲げ加工)より松の枝を曲げるほうが難しいかもしれませんよ。

さて、私たちの本社ビルがある大阪船場繊維団地(コムアートヒル)は、北大阪・箕面市の丘陵地帯にあります。当社ビルの周囲はこんな感じで、繊維関係の問屋や配送センターの建物に囲まれています。

ところが、屋上は眺めがよく、ビルの北側を見ると下の写真のように「明治の森 箕面国定公園」の山々が広がっているんです。関西有数の紅葉の絶景スポットである箕面の山々が間もなく色づき、この庭園の素晴らしい借景になります。

これほど整備された大規模な屋上庭園を持つビルは船場繊維団地(箕面市西船場・東船場)では日章アステック以外見当たりません。

そうそう、Googleマップの航空写真で船場繊維団地上空をフライトすると日章アステックの屋上庭園がよ~く見えます。そちらでも一度ご覧になってください。


※明治の森 箕面国定公園について

大阪府北部箕面山周辺約960haの野山で、明治100年事業の一環として指定された国定公園。紅葉と滝が有名で年間200万人が訪れる関西北摂有数の観光地。

: 2018/10/22

Copyright © NISSHO ASTEC CO.,LTD. All rights reserved.