ステンレス加工屋さんの総務部雑記帳 > iPhone12miniで撮るフォトジェニックでもなんでも無いお散歩風景

iPhone12miniで撮るフォトジェニックでもなんでも無いお散歩風景

ほぼ1年前になりますが、充電抜けの激しいAndroid機を自分で充電池交換(2,580円)を強行し、予定通り1年間延命させることができました。スマホの延命とは裏腹に自分の寿命が1年減ったのでここは急ぎ、持ち歩きやすくて写真・動画がキレイに撮れそうなiPhone12miniを購入し遊ぶことにしました。

iPhone12miniで撮るフォトジェニックでもない秋の景色

iPhone12miniに望遠レンズは無いですが、広角(↑写真左)と超広角(↑写真右)レンズが装備されています。超広角レンズは「まるごと写したい」というだけに使うのはもったいない。下や上からアオって使えばデフォルメしてダイナミックな写真になったりします(女子へのソレは要注意)。それにしても最近のスマホカメラは逆光の樹↑でも黒つぶれしないんですねぇ。

iPhone12miniで撮るフォトジェニックでもない秋の景色

若者スマホ使いの方はあまり気にしないですが、スマホカメラはなるべく明るく撮ろうとするので、黒いものやが白っぽく写り違和感が出ることがあります(上写真↑左側)。iPhoneのカメラアプリにも露出補正がある(ポンと画面にフォーカスタッチするとライトマークが出るのでスイっと上下にスワイプ)ので、こまめに使われることをおすすめ。SLや夜景など、ちょっと締めたほうがソレっぽくなります。

iPhone12miniで撮るフォトジェニックでもない秋の景色

上の写真↑は同じ写真です。左がオリジナルで右が写真アプリで編集後。広角撮影でカメラを傾けるとダイナミックな絵にはなりますけど、テキトーに撮ると傾きやアオリで歪んでヘンに見える場合があります。撮影時にシャント構えて撮るのが基本ですが、写真アプリの編集に傾きやアオリの修正機能があります(トリミングや回転のメニューの中)ので覚えておくと便利です。

iPhone12miniで撮るフォトジェニックでもない秋の景色

特に↑上のような四角いものを四角い写真枠にピタッと収めるのって案外難しい。被写体にカメラを並行に正対し注意しながら撮ることが重要。微調整は写真編集で。ただ、アオリや傾きの修正を行うと周囲の領域が削られるので、周囲のエリアに余裕を持たせておくことが必要です。別の手は、広角は歪みが出やすいので望遠気味にして撮影することですかね。

iPhone12miniで撮るフォトジェニックでもない秋の景色

デートで歩く都会の夜景、インスタ映えする豪華なスイーツや食事にも興味がなく、フォトジェニックじゃないものばかり散歩中に撮影して楽しんでおります。何が嬉しくて木立の支柱↑を撮るのかわからんですが、質感がちゃんと写るので爺ィは嬉しいです。↓ナンテンの派手な色よりも錆びた針金↑が好き。

iPhone12miniで撮るフォトジェニックでもない秋の景色

地べたに這いつくばって落ちたどんぐりを撮っていると、マーキング後ワンコの足ペッペで弾き飛ばした土が顔に飛んでくるけど・・・気にしない(T_T)

iPhone12miniで撮るフォトジェニックでもない秋の景色

街路樹のナンカわからん種が面白かったりするので見上げていると・・・なんか阿呆のようにクチあいてる。

iPhone12miniで撮るフォトジェニックでもない秋の景色

付合ってくれるのは老犬のといぷーさん。ちなみに↓ベンチワンコの写真はポートレートモードで撮影していますが、撮影後でも後ろのボカシ量の調整が可能です。サービス満点にボカシてくれるのはいいのですが「ボケがくどい」「背景ももちょっと見せたい」と言うときは調整されることをおすすめします。

iPhone12miniで撮るフォトジェニックでもない秋の景色

下の写真↓は、サッサカ早足で落ち葉の上を歩くワンコをワンコ撮棒(ただの自撮棒)で撮ったものです。歩いているワンコのこのアングルはワン撮棒なしには難しいですね。手ブレ補正も結構効いているので、もっと動きのあるワンコ写真も撮ってみたくなりました。

iPhone12miniで撮るフォトジェニックでもない秋の景色

iPhone12miniとカメラアプリ、写真アプリ、それにワンコ撮棒があればコロナの感染を気にせず結構楽しめそうです。また動画の機能も秀逸なのでYoutuber屋さんたちのプレゼンを参考に勉強したいです。

 

: 2020/11/26

Copyright © NISSHO ASTEC CO.,LTD. All rights reserved.