ステンレス加工屋さんの総務部雑記帳 > 夏に燃える紅色~百日紅と千日紅と

夏に燃える紅色~百日紅と千日紅と

百日紅」と「千日紅」はどちらも植物の名前で、今の季節(8月~9月上旬)には誰でもその姿をご覧になっていることと思います。

「百日紅」はサルスベリと読み、「千日紅」はセンニチコウと読みます。

【奈良公園の百日紅(サルスベリ)↓】

サルスベリ(百日紅)奈良公園の鹿

サルスベリの名は、この木の樹皮がツルンツルンで「木登り上手な猿でも滑ってしまう」ということに由来するものです。

ちなみにハワイ観光で日本人が訪れる「この木なんの木、気になる木」日立の木モンキーポッド。長いサヤ型の実(ポッド)がサルの好物なんだそうです。

この木なんの木気になる木 日立の木 モンキーポッド

【近所の公園の千日紅(センニチコウ)↓】
千日紅(センニチコウ)近所の公園 ドライフラワーに適している

センニチコウは、その名の通り?長い間楽しめる一年草ですが、さすがに千日は咲き続けません。でもお手軽に千日楽しむ方法があります。花が終わっても束ねて吊るしておくと簡単に白いドライフラワーになるので、それを染料で着色してやれば十分千日は鑑賞できますよ。

 

: 2020/09/09

Copyright © NISSHO ASTEC CO.,LTD. All rights reserved.