ステンレス加工屋さんの総務部雑記帳 > ぶ厚い不動体膜でガッチリ保護(ガード) ゴールドEP(GEP) ゴールドEPホワイト(GEPW) | 電解研磨

ぶ厚い不動体膜でガッチリ保護(ガード) ゴールドEP(GEP) ゴールドEPホワイト(GEPW) | 電解研磨

「これは真鍮(しんちゅう)の箱ですか?」「いいえGOLD EP処理されたステンレスの箱です」「5円玉と同じ真鍮みたいですね」「だから真鍮じゃないんですって」「色が似てるから真鍮でいいんじゃないですか? GOLD って言うぐらいだから高いんでしょ」「だから・・・」

GOLD EPは一般電解研磨の10倍不代替皮膜を形成します

こんな会話で盛り上がることがない金属加工の世界。真鍮(しんちゅう,黄銅)は銅と亜鉛合金鋳物にしやすい特徴を持ちます。5円硬貨でお馴染み。このGOLD EPは、サニタリステンレスの特徴をより強化して金属表面に通常の10倍もの不動体膜を形成させる電解研磨技術なのです。

GOLD EPは一般電解研磨の10倍不代替皮膜を形成します

金属表面を守り、また管内部から金属イオンを溶け出させない安定した金色の皮膜を形成する為には、一定条件下での処理やその為の知識と経験が必要なのです。だから、色が似ているからと言ってGOLD EP類似処理にはご注意くださいね。(耐用年数の短期化、パーティクルの発生などが生じる場合があります)

GOLD EPは一般電解研磨の10倍不代替皮膜を形成します

日章アステックは、GOLD EPの生みの親、神鋼環境ソリューション社(KOBELCOグループ)からライセンス契約を受け、その技術を適正に運用し処理しています。

GOLD EPは一般電解研磨の10倍不代替皮膜を形成します

東京オリンピックは延期されてしまいましたが、「GOLD EP!見かけも金、レベルも金」という名言を残したのは有名な女子柔道家でしたね。最近、記憶の飛躍が半端ないワタシです・・・(^_^;)

: 2020/06/29

Copyright © NISSHO ASTEC CO.,LTD. All rights reserved.